牛が道路を歩いているのは当たり前!?ネパールの野良犬・野良牛の日常

ネパールの生活・習慣
スポンサーリンク

 

ネパールに長く住んでしまえば日常的な光景すぎて全然気にならないのですが、 日本人的な視点で改めて眺めてみると、結構不思議な光景・・・・ 数多くあります。

野良犬・野良牛の存在もそのひとつです。

野良犬が多いネパール・カトマンズの町

カトマンズを歩いていると、野良犬はいつでもどこでも目にします。

相当数の 野良犬の姿。日本の道路に比べたら(今は日本で野良犬は見られないですよね・・・)尋常ではない数にびっくりしてしまいます。

昼間はのんびり日向で昼寝している野良犬が多いですが、 夜は集会でもやっているのかと思うほど活発になるときもあります。

夜中に犬たちのけたたましい鳴き声が聞こえると、何か起こったのか心配になってしまいます。

夜に時々騒々しい犬たちですが、いつもは人に危害を与えたり悪さをすることはほとんどありません。

お肉屋さんの店先でも、おこぼれを頂戴しようと行儀よく待っています。

犬にもテリトリーがあって、いつも同じ場所に同じ犬たちがいます。

あまりにも野良犬たちが身近すぎて、 毎日会うたびに親近感が湧いてきます。

私の近所は、人もバイクも車も多いのですが、 それに慣れすぎている犬たちは全然避けようとしません。

その結果、車やバイクにひかれてしまい、 足をひきずって歩いている犬も多いです。

狂犬病も怖いですが、近所を見渡す限りでは だれも野良犬を気にしていません。

普通の態度でいれば犬が自分に近づいてくることもありません。

本当にのんびりした関係で共存しています。

こんなほほえましい光景を目にすることもあります。

小さな犬の赤ちゃん、かわいいですけどね。

どんどん増えていって、今後どうなっていくのかも心配なところです。



ネパールにの道には野良牛も歩いている!?

ネパールらしい光景といえば、野良牛の存在もあります。

ネパールでは牛は神聖な動物とされているため、牛肉を食すことはタブーです。

牛乳を飲むのは大丈夫です。

日本では考えられない光景ですが、 牛が普通に道路を散歩しています。

のっそりと大きな体で道路を横断したりするので、 バイクや車を運転する人は、ぶつからないように注意が必要です。

道路の真ん中で数頭がどっしり座って道をふさいだために、車が渋滞してしまうこともよくあります。

クラクションを鳴らしてもなかなか動じないマイペースな牛が多いです。

 

旅行でネパールにこられた方は、野良犬や野良牛に驚くかもしれませんが、 過度に驚いたり、刺激を与えたりせず、 ネパールの景色のひとつだと思って、そ~っと通り過ぎてくださいね。

もし、可愛い犬がいたとしても、食べ物は与えない方がいいです。

私はそれで、飢えた複数の犬に追いかけられたことがあります。

何も関わらなければ向こうから危害を与えてくることはありませんが、 食べ物に飢えている野良犬も多いですので、注意してください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました