【一目で分かる!】インドカレーとネパールカレーは何が違うのか?

インドカレー ネパールの食・レストラン
スポンサーリンク

 

日本の友人、知人によく聞かれる疑問のひとつ。

ネパールのカレーってインドカレーとは違うの?どっちが辛いの?

ネパールもインドも日常的にカレーを食べる国です。

食文化も似ていることから、ネパールとインドのカレーの違いについて知りたがっている人も多いようです。

早速、ネパールとインドのカレーの特徴について見ていきましょう!

ネパールカレーとインドカレーの違いを比べると?

ネパールとインドのカレーの違いが分からないと言う人は、まずこちらの写真を比べてみるとよいと思います。

ダルバート

※ネパールのカレー(ダルバート)

 

インドのカレー

※インドのカレー

 

この写真をみれば、両者のカレーのイメージがなんとなく掴めるのではないでしょうか。

味で言うとネパールカレーの方が、あっさりしているような気がします。

 

日本ではインドカレー屋といいながらも、働いている従業員がほとんどネパール人ということが少なくありません。

ですので、インド料理屋でもネパール式のカレーをメニューに入れていたり、どちらもごちゃまぜにしていることから混乱しちゃう人がいるのかもしれませんね。

ネパールカレーの特徴

ネパールではカレーと言えば、次の写真のような「ダルバート」を指すことが一般的です。

ネパールカレー食べ方

※これは家庭で食べるダルバートより少しばかり豪華です。

ダルバート

ネパール人が日常的に(一日2回)食べている国民食。白いご飯が主食で、その他にダルスープ(豆のスープ)・数品のタルカリ(おかず)・アチャール(漬物)などが1プレートにのっている定食です。

豆のスープや野菜の炒め物がカレーなのか?と聞かれたらそうなのかもしれません。(厳密には違うような気もしますが・・・)

 

以前にダルバートについての記事を書いていますので参考にどうぞ。

 

ネパールの料理には様々なスパイスが使われます。

その時期によって旬の野菜や好きな肉を、数種類のスパイスで炒めたりスープ状にして食します。

ただ、レストランに行けば色々な種類のカレーが注文できますが、ネパール人が日常的に食べているカレーと言えば、このダルバートがほとんど。

ネパールカレー=ダルバートと覚えておけば良いと思います。

味は「インドカレーに比べるとマイルドで日本人にとって食べやすい」と言う人が多いです。

 

ちなみにネパールでは「ナン」は日常的にはほとんど食べません。

主食のお米の他に、「チャパティ」「ロティ」といった薄焼きのパンは食べることがありますが、「ナン」を自宅で作って食べている人は見たことないですね。

ただ、外のレストランでは窯焼きのナンを食べることができますよ。

 

インドカレーの特徴

インド料理

※北インドのホテルで食べた食事

 

日本でネパール料理レストランが増えてきているようですが、インドカレーの方がまだまだ知名度が高いのではないでしょうか。

インドカレーと言っても、北インドと南インドでも違ったカレーが食べられています。

  • 北インド:こってり濃厚な味付けのカレー。主食は小麦粉を使った薄焼きパンなど。
  • 南インド:さっぱりして水分が多いカレー。味付けにココナッツをよく使用する。主食は米。

北と南では気候の差があることから、その地域に合った調理法がされています。

ネパールカレーと使用するスパイスは同じものが多いですが、インドカレーの方がネパールカレーよりたくさんのスパイスを使用していると聞きます。

インドカレーのほうが凝ってるし味に深みがあると思います。(個人的にはインドカレーの方が好き)

そして、日本ではインド料理と言えば必ず登場する「ナン」ですが、インドの家庭ではそれほどメジャーではないです。

ここはネパールと同じ。さすがに家庭に窯をつくるのは大変だからでしょうか。

 



ネパールカレーとインドカレーはどっちが辛い?

スパイス

 

これも時々聞かれるのですが、ネパールのカレーとインドのカレーはどっちが辛いのか?

答えは・・・人による!

う~ん。これは正直、質問がちょっと変だな・・・と思います(笑)。

なぜなら辛さは、家庭やレストランで料理する人、または食べる人の好みによるからです。

食べるカレーにどれだけ唐辛子を入れるかで変わってきます。

インドカレーと聞くと、ものすっごく辛いというイメージがある人もいるかもしれませんが、現地では店によってそんなに辛くないカレーを食べることができます。

なので、インドカレーもネパールカレーも辛さは同じだと思っておけばよいかも?(←説明テキトー。)

まとめ

カレースパイス

 

やっぱり日本で日本人のために用意された「インドカレー」「ネパールカレー」は、現地で一般的に食べられているものとは少し違うのかも知れませんね。

「ナン」も日本で食べるものはすごく大きくて、味も現地より甘くて美味しいと思います。

時々、日本にあるインドカレー屋さんが無性に恋しくなることがあるくらいです。

 

あ、辛さは作る人によると言いましたが、ネパール人もインド人も辛さの基準は日本人とかなり違うというのだけは心に留めておいた方が良いと思います。

「全然辛くないよー。食べて食べて!」と現地の人言われて、食べたらめっちゃ辛かった・・・

というのは、ネパールでもインドでもあるあるです(笑)。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました