ネパールのロックダウン緩和・コロナ関連の現状や近況など

ネパールの生活・習慣
スポンサーリンク

3月末から始まったネパールの長いロックダウンも、6/15日から緩和されています。

まだ規制が全面的に解除されたわけではありませんが、以前よりも自由に外出することができるようになりました。

今回は、現時点でのネパールの緩和されつつあるロックダウンの状況について、まとめてみたいと思います。

ネパールのコロナ感染者数や状況

ネパール人スタイル

コロナ感染者数・死者数は?

ネパールでも、全国でのコロナウイルス感染者の発表が毎日されています。

昨日の時点ではトータルで12700人を超えました。

最近では1日当たりおよそ400~600人くらいの増加数となっています。

死者はネパール全国で28人です。

数だけでみれば、コロナ感染者が爆発している国々に比べたら少ないように思えますが、じわじわと拡大はしていると感じます。

少なくともまだまだ収束に向かっているようには思えません。

感染者が多いのは主にインドとの国境付近にある国々ですが、これが人口の集中している都市カトマンズで広まったら・・・と思うと怖いです。

もちろん地方の集落での感染も大変な状況だと思います。

お店やオフィス、学校は再開してる?

6/15日にロックダウンが緩和される前は、食材を調達できる店や最低限必要な生活用品の店だけの開店が許可されていました。(それも、一日のうち決められた数時間だけ)

現在はレストランや大勢集まる娯楽施設の一部を除いては、大方のお店が営業を再開しています。(レストランもテイクアウトはOK)

オフィスや政府機関の施設も営業が始まりました。

ただし、勤務時間を交代制にするなどの特別な措置はとらなくてはならないようです。

学校についてはまだ再開されていません。

オンラインで授業を行っている学校が多いみたいですね。

学校の再開はいったいいつになることでしょう。

交通状況は?

バスやタクシーなどの公共の乗り物は現在も禁止されています。

個人の私用車やバイクの使用はできるようになりました。

ただしネパールのカレンダーの日にちに合わせて、偶数日は偶数ナンバーの車/奇数日は奇数ナンバーの車の使用が許可されています。

でも見てる限りでは、ナンバールールを守っていない人も結構いますね。

警察や交通局の人たちも、注意したりしなかったりといった印象。

でも守らなかった人は車やバイクを押収されたというニュースもあるので、気を抜けません。

飛行機の国際線については8月初めから再開するとの話がありますが、もし再開されたとしても陰性証明やら隔離やらもセットになりそうですね。

8月から急に今までどおりの旅行ができるようになるとは、とても思えません。



近所の人々の様子

ロックダウンが緩和されて時間を気にせず自由に近所を歩き回っている私ですが、最近よく見かけるようになったのが、人々のけんか。

といっても殴りあったり物を破壊したりといった過激なものではありません。

小競り合いとか言い争いのようなもの。

遠くから聞いてみると、家賃の話だったり仕入れ業者と店舗のオーナーの会話だったり。

要するにお金がらみで話し合っているうちに白熱してしまったと思われる場面。

コロナによるロックダウンで、多くの人が経済的に打撃を受けているのは日本もネパールも同じです。

それ以外は、いたって穏やかな雰囲気です。

ロックダウンが始まったころに不足していたマスクや消毒ジェルも、今ではどこでも手に入るようになりました。

ネパールのマスクの着用率は高いと思いますが、この状況になっても密を避けるのは難しいですね。

買い物してても、気づいたらすぐそばに誰かが立ってます。

おしゃべり大好きなネパール人は、今も集まってあちこちで井戸端会議をしています。

ネパール(特にカトマンズ)では人との距離を2メートルあけるとか、不可能に近いと思います。

ロックダウン前と後で変化したこと(個人的に)

ネパールロックダウン

 

ロックダウンになる前と後で、私自身も習慣や考え方の変化がたくさんありました。

例えば・・・

  • 常に2~3週間分の食料を自宅にストックしておく(近所で感染者が出て再び外出禁止になってもいいように)
  • 食べたいものや買いたいものは躊躇せずにその日に購入する(いつなくなるかわからない)
  • やりたいこと、できることはすぐにでもやる(明日にはできなくなるかも)
  • 日本に帰国できるのは当たり前ではないということ(飛行機が飛ばなくなったらおわり)
  • 自分の生活に関わる人、物への感謝

世界中のコロナウイルスに関するニュースを見てきて、毎日の平凡な生活は当たり前ではなかったんだなぁと感じました。

ロックダウン中、ネパールから日本に臨時のチャーター便が何本か飛ぶ機会がありました。

日本にいる家族のすすめもあり、何度か「チャーター便に乗って日本に帰国しようか・・・」とも思いました。

でもこれからの様々なことを考え、やはりネパールで暮らしていくことを選びました。

コロナの問題はどこへ向かっているのか私には知る由もありませんが、少しずつでも良い方へ向かっていくはずだと信じています。

 

それにしても・・・気づいたら3ヶ月ほどブログ更新もしていませんでした!

ロックダウンで環境が変わって、パソコンに向かう余裕がありませんでした。

 

またぼちぼち発信していけたらと思っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました